cosmos_10の日記

日々の記録。気付き。

病んだ9ヶ月。


f:id:cosmos_10:20190629081129j:image

2018年冬から2019年秋まで

自分の殻に閉じこもって

苦しかった期間があった。

とあるときから、人と会うのが怖くなり

大学に行けなくなった。

何もすることができなくなり、

友人関係を全部シャットアウトしてしまった。

タイミング的には、

大学3年の就活準備をしだすとき。

前向きにやる気十分で準備を始めた

就活でいうと、1年のときから意識はあって

インターンシップも1年のときから

たくさん行ったりもした。

3年の冬、年末。

学内の就活サポート最強団体に所属した。

そこで、自分と他人を比較して自己嫌悪の

ループに入ってしまった。

途中でいけなくなって、

気付いたら大学にもいけなくなった。

 

朝起きれなくて、

ずっと布団のなか。

すべてのやる気がどこかへ行ってしまった。

それが半年以上も続いた。

その間、大学の友人だけでなく

高校の友人までも全部、

連絡を取らなくなった。

連絡がきても返事ができなくなった。

自分が情けなくて、話すことができなかった。

家族にも心配かけた。

ただ、深くは聞かずそっと見守ってくれた。

就活の本格的な3月スタートもキレず、

ただ、時間が過ぎてくのを待っていた。

 

ただ、家にずっといると心配をかけるから

ときどき1人で出掛けた。

映画を見たり、1人でご飯を食べたり

そんな日々が約9ヶ月。

ちょうど1年前が精神的に

かなり不安定だった。

全てをリセットしたくてしたくて

たまらなかった。

全ての人の記憶から自分を消したかった。

そのためにどうしたらいいかも

本気で考えた。

危険なことも何度もしかけた。

だけど、実行はできなかった。

今思うと、生かされたんだと思う。

そんな日々のなかでたくさんのことが

きっかけで、立ち直った。

そして、今のわたしがある。

災害。YouTuber。かけられた言葉。

色々なことが繋がって、

病みから復活した。

生きる希望を見つけた。

看護師を目覚すという夢ができた。

 

病んでた期間があったからこそ

今がある。

シャットアウトしてた友人にも

復活してから再会できた。

再び繋がって、大切さも見に染みて感じた。

復活してから悲しい別れもあったけど

出会いもたくさんあった。

 

全てのことに意味がある。

今はそう想える。

今が未来に繋がる。